医療コミュニケーション研修|コミュニケーションオフィス クレハ[意識が変われば行動がかわる 行動が変われば結果も変わる 思いをシフトして コミュニケーション力を向上します]

Communication Office Kureha
Communication Office Kureha

信頼され選ばれる コミュニケーション力向上研修

「患者さんやご家族、また医療従事者も相互に満足度の高い医療を実現するために     コミュニケーションの面からサポートしたい」

これが私の一番の使命だと思っています。
その為に重要なキーワードは、「安心」「信頼」「納得」ではないかと考えました。

私は以前、長期間の服薬治療をしていた時期があります。
主治医は、いつも丁寧で分かりやすい説明をしてくださるだけでなく、治療を継続していくことの難しさや辛さ、また時には回復の喜びと、折に触れ、思いを共有してくださり、いつでも慰め励ましてくださいました。
またスタッフの方々も皆、とても親身になって耳を傾けてくださり、テキパキと明るく対応してくださったことが今でも印象に残っています。
今振り返ると、治療に携わった方々のコミュニケーション力や小さな配慮の積み重ねが、信頼関係の構築につながり、「辛い治療だけど頑張ろう」と納得し、闘病意欲につながっていたと考えます。

安心・信頼・納得

医療従事者の皆様ならではの鋭い観察力を生かし、言語(言葉の背景にあるものも含め)や非言語(話のスピード、声の高低、呼吸の状態、まばたき)などから患者さんの心の周波数を読み取る力、また相手の思いやニーズを引き出す聴く力、分かりやすく的確に話す、誤解を招かない話し方のコツや工夫など、より良いコミュニケーションを創造するお手伝いをいたします。

対象 医師 看護師 事務スタッフなど
習得目標 コミュニケーションの成り立ちを知り、ミスコミュニケーションを防ぐ方法を知る
観察力を研ぎ澄まし、相手の思いやニーズを把握するコミュニケーションスキルを身に着ける
安心・信頼・納得を得る丁寧な説明力を身に着ける
時間 2時間 (時間や内容はアレンジ可能)
期待される効果 患者さん・スタッフ間のコミュニケーションが円滑になる
「簡潔明瞭な説明」によって仕事の効率が上がる
信頼関係の構築が深まり、クレームが減る
口コミによる患者さんが増加する
遠方からの来院がある

研修スケジュール一例

9:30〜 オリエンテーション
研修のねらい 習得目標など
安心感と信頼感を獲得するコミュニケーションで大切な事
       講義 ワーク
   
どうしてミスコミュニケーションが起こるのか
コミュニケーションの成り立ちについて
       講義 ワーク
コミュニケーションの精度を上げる
コミュニケーションの目的とポイントについて
       講義 ワーク
13:30〜 言語・非言語へのアプローチ 気持ちやニーズを的確に引き出す方法
ペーシングとアクティブリスニング法について
       講義  ワーク
検査や状況を説明する際に役立つ
簡潔明瞭に伝える分かりやすい話し方 誤解を防ぐ一工夫
       講義  ワーク
 
目標達成のスピードが早くなる 自分とのコミュニケーション
       講義  ワーク
   
17:00 質疑応答 まとめ

※時間・内容などご要望に応じた研修も承ります