接遇研修|コミュニケーションオフィス クレハ[意識が変われば行動がかわる 行動が変われば結果も変わる 思いをシフトして コミュニケーション力を向上します]

Communication Office Kureha
Communication Office Kureha

思いをかたちに 心が伝わる接遇研修

近年患者さんの立場に立った、患者中心の医療の機運は高まり、厚生労働省が実施する「受療行動調査」では、外来時の患者さんの満足度は年々上昇しています。
病院全体で患者満足度の向上に取り組むことは、患者さんの闘病意欲の向上、継続的な来院につながるだけでなく、スタッフにとっては、患者さんとの信頼関係が築けることが仕事のやりがいにつながり、病院にとっても患者さんが家族や知人を紹介してくれたり、口コミによる患者数の増加等が期待できたりします。

接遇研修

患者満足度の向上には接遇力の向上も不可欠ですが、医療分野では、他のサービス業との相違点も多く、医療分野の知見に立った独自の接遇やサービスが求められると考えます。

当社は、現場経験を踏まえ、すぐ活用して頂ける医療現場に即した接遇研修を展開しています。

対象 医師 看護師 事務スタッフなど
習得目標 信頼感が増す基本的なビジネスマナーを獲得する
印象が変わる5大要素の獲得
 1.身だしなみ 2.姿勢 3.お辞儀 4.表情 5.声・話し方
日頃の自身の対応を振り返ることで思考や行動を客観的に把握し、強みと弱みを認識する
患者さんご家族、スタッフ間でのラポールを構築するための話の聴き方、お声掛けの仕方を習得する
時間 2時間 (時間や内容はアレンジ可能)
期待される効果 患者さんから「ありがとう」の言葉が増える
口コミによる患者さんが増加する
遠方からの来院がある

研修スケジュール一例

研修スタート
オリエンテーション
病院における接遇 患者満足度がもたらす影響とは
印象力を上げる5大要素
清潔感・明朗感ある身だしなみ
信頼感を増す姿勢
気持ちが伝わるお辞儀 先言後礼
安心感を提供する表情・声の出し方・話し方
院内で想定される言葉遣い
マイナスの印象を和らげるマジックフレーズと表現方法
      講義・ワーク
信頼関係を構築する 
傾聴
傾聴 4つのポイントでコミュニケーションの精度を上げる
      講義・ワーク
まとめ 質疑応答
まとめ

※時間・内容などご要望に応じた研修も承ります